新規事業研究会月例会講演要旨

(2019年)
トップ月例研究会案内
Back Number| H9〜10年H11年H12年H13年H14年H15年H16年H17年 H18年
H19年H20年H21年H22年H23年H24年H25年H26年H27年H28年H29年
H30年

  • Ref.No.190112-1   元へ戻る

    • 講演:『導電性バナジン酸塩ガラスを用いた空気電池空気極二元機能触媒』
          環境材料研究所所長、元近畿大学教授
          西田 哲明(ニシダ テツアキ) 氏
       
    • 講演日:2019年1月12日(土)於て 東工大(大岡山) 蔵前会館3F手島精一記念会議室

    • 【講演要旨】
       演者は1980年(九大理)以降、メスバウアー分光法を用いて酸化物ガラスの原子レベルの構造解析を行ってきた。1996年、酸化バナジウムを主成分とするバナジン酸カリウム鉄ガラスをガラス転移温度以上で適度に加熱するとガラス骨格のゆがみが小さくなり、電気抵抗が4桁減少することを発見した。2000年以降、企業との産学連携により導電性バナジン酸バリウム鉄ガラスを用いてリチウムイオン電池正極活物質、プラズマ放電針、ソーラー電池バスバー電極等の開発に従事している。
       金属−空気電池は、リチウムイオン電池の5〜10倍のエネルギー密度を有する。2016年に研究室を引継いで頂いた岡 伸人先生(元東北大多元研准教授(研究特任))と共同開発した金属−空気電池の「空気極二元機能触媒」は、レアアースを用いた従来の触媒よりも優れた電池特性を示す。酸素還元と酸素発生(酸化)を併せ持つこの新規二元機能触媒が、我が国の産業界の発展に貢献することを願っている。

     

    • 【略歴】
      2017年4月  環境材料研究所所長
      2016年3月  近畿大学定年退職
      2010年10月 近畿大学分子工学研究所副所長/近畿大学産業理工学部生物環境化学科長
      2008年4月 近畿大学産業理工学部教授
      2000年4月 近畿大学産業理工学部助教授
      1977年11月 九州大学理学部助手
      1977年3月 九州大学大学院理学研究科化学専攻博士課程修了(理学博士)

      専門分野は環境材料科学、無機材料工学、放射化学など。詳細はJSTの研究者紹介サイトで紹介 https://researchmap.jp/read0172399/

     



 


トップ月例研究会案内
Back Number| H9〜10年H11年H12年H13年H14年H15年H16年H17年H18年
H19年H20年H21年
H22年 H23年H24年H25年H26年H27年H28年H29年
H30年

2019年1月17日 最終更新

新規事業研究会
 E-mail sinjiken@jk9.so-net.ne.jp