新規事業研究会 月例研究会のお知らせ

トップお申し込み
Back Number| H9〜10年H11年H12年H13年H14年H15年H16年H17年H18年
H19年H20年H21年H22年H23年| H24年| H25年| H26年| H27年H28年H29年
H30年

第307回 月例研究会

  ■ 日 時:平成30年6月16日(土曜日) 13:30〜
  ■ 場 所:東京工業大学(大岡山)蔵前会館 3F 手島精一記念会議室
  ■ 参加費:会員無料,非会員参加費 3,000円
    ⇒お申し込み

※ 6月16日の講演会場は東工大 蔵前会館 3F 手島精一記念会議室 になります。
  下記サイトをご参照ください。
  東京工業大学大岡山キャンパスマップ
  http://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/

※ 7月の月例会は7月14日の第2土曜日の予定です。

ご参加いただける皆様におかれましては、お手数ですがオンラインまたは電話・FAXにてお申込みいただきますようお願い申し上げます。
  ⇒お申し込み

時間 内容
13:30〜15:00

【講演−1】
題目:『パワーエレクトロニクスに必要な周辺技術』
講師:大阪大学大学院工学研究科 教授
    舟木 剛(フナキ ツヨシ)氏

 

15:15〜16:45

【講演−2】
題目:『ダイヤモンド高感度量子センサ』
講師:京都大学化学研究所 無機フォトニクス材料研究領域 教授
    水落 憲和(ミズオチ ノリカズ)氏

 

 

 

 

 

講演要旨/講師略歴

【講演−1】 
題目:『パワーエレクトロニクスに必要な周辺技術』
講師:大阪大学大学院工学研究科 教授
    舟木 剛(フナキ ツヨシ)氏

「講演要旨」
 パワーエレクトロニクスは,省エネ,創エネに不可欠な技術である。新聞等でSiCやGaNといつたワイドバンドギャップ半導体パワーデバイスを用いることで,パワーエレクトロニクスの飛躍的な性能向上が期待できると書かれているが,問題はそんなに簡単ではない。これまでのパワーエレクトロニクスは,用いるSiパワーデバイスに対応した材料を用いたパッケージや回路実装が施されており,トランス・リアクトルやコンデンサなどの周辺部材と合わせたシステム設計がされている。しかしながらこれらは,必ずしもワイドバンドギャップ半導体を用いたパワーデバイスのの動作条件や特性に合致したものではない。すなわちその性能を活かすには,新たな周辺材料や部品・実装技術が必要となる。本講演では,ワイドバンドギャップ半導体を用いたパワーエレクトロニクスシステムの開発を俯瞰し,その課題を挙げ,技術開発の方向性を示す。

「略歴」
1991年大阪大学 工学部 電気工学科 卒業
1993年大阪大学 大学院 工学研究科 電気工学専攻 博士前期課程 修了
1994年大阪大学 大学院 工学研究科 電気工学専攻 博士後期課程 中退
2000年博士 (工学) (大阪大学)
1994年大阪大学助手 (工学部)
2001年大阪大学講師 (大学院工学研究科)
2002年京都大学助教授 (大学院工学研究科)
2008年大阪大学教授 (大学院工学研究科)現在に至る

 

【講演−2】 
題目:『ダイヤモンド高感度量子センサ』
講師:京都大学化学研究所 無機フォトニクス材料研究領域 教授
    水落 憲和(ミズオチ ノリカズ)氏

「講演要旨」
 ダイヤモンド中のNV中心は近年、量子情報、超高感度・超高分解能センサ、バイオ応用等の幅広い分野において学術および応用の両面から注目されている。センサとしては主に磁場、電場、温度などのセンサとして注目され、既存のものよりも桁違いに高い感度を持つセンサ素子への応用が期待されている。また、ダイヤモンドは近年人工的に合成でき、大面積化が進んでいるが、一方で、数ナノから数百ナノ程度の粒径を持つナノダイヤモンド粒子も作製され、販売されている。このナノダイヤモンド中のNV中心を用いることにより、ナノメートルレベルの高空間分解能をもつセンサや、細胞中のバイオイメージングへの応用も期待されている。講演では近年のNV中心におけるトピックスやNV中心を用いたセンサの原理等を紹介する。

「略歴」
2000.03       東北大学 大学院理学研究科 化学専攻 博士課程後期課程 修了 博士(理学)
2000.04-2002.09 図書館情報大学 助手
2002.10-2005.02 筑波大学図書館情報学系 助手
2005.03-2010.03 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科 講師
2006.09-       ドイツ・シュトゥットガルト大学物理学科 Wrachtrup教授研究室に渡航 [Total:18months]
2010.04-2010.11 筑波大学大学院数理物質科学研究科 講師
2010.12-2015.12 大阪大学 基礎工学研究科 物質創成専攻 准教授
2016.01-       京都大学 化学研究所 教授

 

 

 



【月例研究会についてのお問い合せ先】

 新規事業研究会 事務局

 〒222-0033 横浜市港北区新横浜3-6-12 日総第12ビル2階
 TEL: 045-624-9933
 FAX: 045-624-9934
 E-mail: sinjiken@jk9.so-net.ne.jp


【参加お申し込み】

 参加費は当日受付けにてお支払いください。
 ■オンラインでのお申込みはこちらをクリック
 ■E-mailでの申込みは、下記フォームにてお申し込み下さい。
  sinjiken@jk9.so-net.ne.jp


 お申込み月例会:  第    回
 交流会参加有無:  参加  不参加
 ご氏名 :
 会社/団体名 :
 部署名・役職 :
 電話     :
 ファックス  :
 E-mailアドレス:
最終更新 2018年6月4日