新規事業研究会 月例研究会のお知らせ

トップお申し込み
Back Number| H9〜10年H11年H12年H13年H14年H15年H16年H17年H18年
H19年H20年H21年H22年H23年| H24年| H25年| H26年| H27年H28年H29年
H30年

第308回 月例研究会

  ■ 日 時:平成30年7月14日(土曜日) 13:30〜
  ■ 場 所:東京工業大学(大岡山)蔵前会館 3F 手島精一記念会議室
  ■ 参加費:会員無料,非会員参加費 3,000円
    ⇒お申し込み

※ 7月14日の講演会場は東工大 蔵前会館 3F 手島精一記念会議室 になります。
  下記サイトをご参照ください。
  東京工業大学大岡山キャンパスマップ
  http://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/

※ 8月の月例会はありません。

※ 9月の月例会は9月8日 第2土曜日の予定です。

ご参加いただける皆様におかれましては、お手数ですがオンラインまたは電話・FAXにてお申込みいただきますようお願い申し上げます。
  ⇒お申し込み

時間 内容
13:30〜15:00

【講演−1】
題目:『セルロースナノファイバー - 脱炭素社会における持続型材料 -』
講師:京都大学生存圏研究所生物機能材料分野 教授 農学博士
    矢野 浩之(ヤノ ヒロユキ)氏

 

15:40〜16:45

【講演−2】
題目:『3Dゲルプリンターから起こすやわらかものづくり革命』
講師:山形大学大学院理工学研究科機械システム工学専攻 教授
    古川 英光(フルカワ ヒデミツ)氏

 

 

 

 

 

講演要旨/講師略歴

【講演−1】 
題目:『セルロースナノファイバー - 脱炭素社会における持続型材料 -』
講師:京都大学生存圏研究所生物機能材料分野 教授 農学博士
    矢野 浩之(ヤノ ヒロユキ)氏

「講演要旨」
 大気中のCO2削減は産業界が総力を挙げて取り組む喫緊の課題である。英国中央銀行は2017年の定期報告書の中で、パリ協定で定めた2℃目標達成のためには石炭、石油、天然ガスが燃やせなくなることを報告している。すなわち、これらの天然資源は近い将来において座礁資産化することが予想されている。この様な脱炭素社会に向けた動きに後押しされ、カーボンニュートラルである木材など植物バイオマスのマテリアル利用への取り組みが活発化している。セルロースナノファイバー(CNF)は、木材をナノオーダーにまで微細化することで得られる大型産業資材である。軽量、高強度などの優れた特徴があり、次世代の高機能繊維材料として世界中で研究開発が活発化している。本講演では、セルロースナノファイバーの構造、製造、機能化、用途や自動車部材への応用研究について紹介する。

「略歴」
京都大学生存圏研究所生物機能材料分野教授、農学博士。
1986年京都大学農学研究科林産工学専攻博士後期課程中退。1986年京都府立大学助手。同講師、京都大学木質科学研究所助教授を経て2004年より現職。2014年-2016年ナノセルロースフォーラム会長。
セルロースナノファイバーの製造と利用に関する研究により、2005年セルロース学会 林治助賞、2009年日本木材学会賞、2016年第37回本田賞、2017年米国紙パルプ技術協会ナノテクノロジー部門賞を受賞

 

【講演−2】 
題目:『3Dゲルプリンターから起こすやわらかものづくり革命』
講師:山形大学大学院理工学研究科機械システム工学専攻 教授
    古川 英光(フルカワ ヒデミツ)氏

「講演要旨」
 近年、3Dプリンターを始めとするデジタル・ファブリケーションに注目が集まっている。最近、GEは航空機の金属部品を直接3Dプリンターで製造する取り組みを大きく宣伝し始めた。製造の技術とAIの融合が進む中、新材料への注目も高まっている。高強度高機能性のソフト材料の3Dプリンティングでの新たな価値創造の取り組みについて講演する。

「略歴」
古川英光(ふるかわ ひでみつ)
(所属)
山形大学大学院理工学研究科機械システム工学専攻 教授

(学歴)
東京工業大学大学院(理学博士)1996年修了

(職歴・研究歴)
1996年4月 東京工業大学 工学部 高分子工学科 助手に着任、2002年4月 東京農工大学 工学部 有機材料化学科 助手に着任、2004年4月 北海道大学大学院 理学研究科 生命科学専攻 助教授に着任、2009年4月 山形大学大学院 理工学研究科 機械システム工学専攻 准教授に着任、ソフト&ウェットマター工学研究室(SWEL)を発足、研究室代表に就任、2012年4月 山形大学大学院 理工学研究科 教授に昇任、2013年6月 ライフ・3Dプリンタ創成センター(LPIC)を発足、センター長に就任、2014年2月 「米沢いただきます研究会」を発足・研究会代表に就任、2014年8月 米沢駅2Fに「駅ファブ」を設置、運営代表に就任、2016年11月大学発ベンチャー・株式会社ディライトマターを設立、特別技術顧問に就任、2018年4月やわらか3D共創コンソーシアムを設立、会長に就任

(専門分野)
ゲルメカニクス・ゲルフォトニクス・ゲルロボティクス、機械材料・材料力学、高分子・繊維材料

(受賞歴)
平成22年度M&M 若手研究者のための国際シンポジウム優秀講演表彰(日本機械学会),平成22年度科学計測振興会賞(科学計測振興会),ナイスステップな研究者2013(文部科学省科学技術学術政策研究所),2015年度日本機械学会機械材料・材料加工部門 部門賞業績賞(日本機械学会),日米先端工学シンポジウムJAFOE Best Speakers Award 2016(日本工学アカデミー、National Academy of Engineering,United States)を受賞

 

 

 



【月例研究会についてのお問い合せ先】

 新規事業研究会 事務局

 〒222-0033 横浜市港北区新横浜3-6-12 日総第12ビル2階
 TEL: 045-624-9933
 FAX: 045-624-9934
 E-mail: sinjiken@jk9.so-net.ne.jp


【参加お申し込み】

 参加費は当日受付けにてお支払いください。
 ■オンラインでのお申込みはこちらをクリック
 ■E-mailでの申込みは、下記フォームにてお申し込み下さい。
  sinjiken@jk9.so-net.ne.jp


 お申込み月例会:  第    回
 交流会参加有無:  参加  不参加
 ご氏名 :
 会社/団体名 :
 部署名・役職 :
 電話     :
 ファックス  :
 E-mailアドレス:
最終更新 2018年7月2日